相変わらず微妙な天気です。

長岡は今日も不安定な天気です。というか、雪は溶けましたが春らしさを感じられる日がほとんどありません。

桜も咲いてきたみたいですし、今週末は晴れて欲しいですね。(花見は品川あたりでやってきたのでいいですけど・・・)

お祈りメールもたくさんいただいているので、いよいよ本腰をいれて活動に励む必要がありそうです。

SIer意外にも応募してみような、うん。

就活日誌 vol.1

なんか就活が芳しくないので、グループ面接前にいろいろ書いてみることにする。

まぁ落とされたよ(´・ω・`)っていうひがみみたいなもんですな。

 

 新卒採用という制度は、学生には魅力的であり既に社会に出て行った人間にはやっかいな存在である。新卒としての優遇はほとんどの人間が受けるもので、それ故になかなか廃止しろとは言い出せないものだ。かくいう自分も新卒採用の恩恵を受けているわけで、これを中途とごちゃ混ぜにされると正直困る。

 諸外国の状況を見てみると、新卒採用からのキャリアスタートもあるが、インターンからのスタートも多いようだ。これはこれで問題があるとは思うが、ある意味でのすりあわせの期間があるのはいいことだろう。勤続三年未満での若者の離職が問題になっているらしいが、我慢していれば良くなる時代は終わったんだから合わなかったらやめるのは不思議な話では無い。インターンの様なある種の助走期間は日本でもより必要になってくるのでは無いだろうか。

 一番の本音を言えば高度経済成長期に就職した人たちと同じ精神性を若者に求めるなということだ。氷河期世代と今の世代、緩やかに落ちていく世の中で安定を求めそれなりに落ち着こうとするのは当然のことだと思う。"君たちゆとりだね、でもお仕事頑張って、社会保障費稼いね。将来はたぶんあれな状態だと思うけど。ああ、そういえば君たちには何の決定権も無いからm9" これを素でやるのが今の日本。仕事干されたらさすがに生活できないから、本来声を上げるべき階層の人間は決して声を上げない。それが事態をよりいっそう悪化させている様に思える。

 しかし、この国の意思決定プロセスはなんかもっと別のところに、本質的問題があるような気もするなぁ・・・。

 

画面サイズと映像作品

最近テレビの大型化が進んでいるのにそれに対する対策が進んでいない気がする。

ドラマと映画をみてもらうとわかるのだが、映画の方引いた画が多く、画面を広く使っていることがわかると思う。ドラマでは基本的にアップを多用し、あまり引きすぎないように画面が構成されている。

どちらもそれぞれの視聴環境に対応した演出なのだが、ここに来てテレビの大型化にドラマなどの演出が追いついていないようだ。

テレビ番組の制作者はもう少し、映画寄りの演出を心がけた方がいいと思うのだがどうだろう?

就活始めました(冷やし中華風に

進路どうしようかなと悩んでいたわけですが、研究の進捗もあれだし(これは自分の怠慢なんですけど・・・)博士出てからの就職もやっぱり大変だよねということで。

就活始めるデッドラインが2月中だと思うので、とりあえず就活を始めることにしました。

週明けのドル&ユーロ市場

日銀のインフレ目標を受けて一気に円安方向に向かったわけですが、土日をまたいでも79円台をキープしているようです。

日経平均も7500円近くになり、日本経済もやっと回復基調に向かうことが出来そうな感じです。

電気と自動車共にすばらしい赤字額となったわけですけど、この円安が続けば赤字幅はかなり圧縮できそう。

でも原発が稼働できないことによる、燃料費の増加と電力不足は日本経済に陰を落としそうな感じなので、この調子で日経平均が維持できるかは火なり疑問なものですけど。

日銀の介入規模の詳細発表

昨年の11月頃の介入の詳細が発表されました。

ロイター: http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE81K2FC20120207

予想通りに11月の頭も断続的に介入していたようですね。

記事で言っているように、あの程度の介入額で市場へ牽制できるかは疑問ですがあまり派手な動きをしても批判の的になりますから難しいところです。

実効レートでは日本円も言うほど高く無いという意見もありますし、円高時は円高時の旨みを生かして経済活動をするしか無いですな。

少し変わったマルチモニタ環境

最近、メインの環境をMBAに移行したせいでマルチモニタがやりづらくなった。

ノートでも、マルチモニタできますけどいちいちケーブル差し替えるのはなにかと面倒ですよね。

ということで、何にしようかと思っていたらそれっぽいツールを発見。

 

Synegy http://synergy-foss.org/

インストールや設定方法はほかのサイトに譲ることにします。

 

このツールを使うと、複数のPC間でマウスとキーボード・クリップボードの共有が可能になります。構造としては、サーバ・クライアントモデルで動いていて、共有するKB・マウスがついたマシンがサーバ、その他のマシンがクライアントとして接続してくる形。

一つのマシンにモニタをぶら下げる場合と違って、モニタ間でウィンドウを移動したりはできないんですけどDropBoxとか使っているとたいていの場合はことが足ります。

 

現在はPC3台、4面で運用していますが不安定な部分もなく使いやすいツールですね。